賃貸においてバスも組み合わせて考える

賃貸においてバスも組み合わせて考える

賃貸においてバスも組み合わせて考える

交通手段として、鉄道は早くて遅延が少ないです。賃料も割安になっています。日常的に利用できる別のものとしてはバスがあります。鉄道ではカバーできない細かいところまで対応してくれます。住宅地などでは、駅から少し離れたところなどに通じていることもあります。都市部の場合は、鉄道と同じような役割をすることもあります。鉄道なら距離によって運賃が変わりますが、バスなら1回あたりの料金になっている地域もあり有利です。

賃貸物件を探すとき、まずは鉄道の駅で探すでしょう。いいところが見つかったのですが、駅周辺は賃料が高めになっていました。少し離れると賃料も範囲内に収まって来るのですが、駅から15分や20分だと少し気になります。もう少し情報を調べてもらうと、その物件のすぐ近くにバス停があることがわかりました。幹線道路を走っているバスで、1時間あたりの本数や、早朝、夜遅くもそれなりに走っていることがわかりました。これなら駅まで10分以下です。

通勤で使うなら、バスの運賃も交通費として出してもらえます。自分の負担にはなりません。それなら、バスを利用して利用しやすいところも視野に入れてみます。都市部まで直接バスで行けるようなところもあります。