賃貸においてバスも組み合わせて考える

賃貸を利用するときの申し込み証拠金はどうなるか

まとめてお金を支払うときはいくら払ったかがはっきりしています。自分自身でも使った感覚がわかります。しかし、細かく請求されたりするとわからなくなることがあります。まず最初に2千円、その次に3千円、最終的に5千円となると最後の5千円の記憶が強いのでそれしか払っていないように思ってしまいます。実際はトータルで1万円払っているのです。お金を支払った時には、何の目的のためで、その後どうなるかを確認しておきます。

賃貸物件の契約をするようになると、たくさんのお金を支払うことになります。その時、最も最初に支払うのが申し込み証拠金になるでしょう。契約するにあたっての手付金のようなものになります。審査前に支払うものになります。金額としてはだいたい1万円ぐらいが多いと思います。それを支払って、審査が終われば正式の契約になります。敷金や礼金、前払いの賃料などについて準備をしなければいけません。この時先に支払ったものがどうなるかです。

申し込み証拠金は、契約できる場合はその後の費用に充当されます。つまりは残りを支払えば良いことになります。審査が下りず契約できない場合は返却されます。金額が大きい時は、預り証などをもらっておくようにします。