賃貸においてバスも組み合わせて考える

学生が賃貸を探すとき一人か多くて二人

お店などを利用するとき、一人では行きにくい事があります。その時には親についてきてもらう、友達についてきてもらうなどになるでしょう。友達についてきてもらうとき、一人だけに来てもらうこともあれば、いつもつるんでいる人たちで行くこともあります。その人達も興味があるようです。周りでワイワイと騒いでいます。その場も和んで、入りにくいことが嘘だったように思えます。でも、そのお店の人からすると迷惑がられているようでした。

学生が賃貸を探すとき、初めて不動産会社に出向くことがあります。初めてなので行きにくいと思うこともありますし、うまく希望を伝えられないと思うこともあります。そこで何にもの友達と一緒に行くのです。そして対応してもらいます。すると周りの友達も好き勝手に話をして担当者を困らせてしまいます。これだと話が進まなくなってしまいます。遊びで来ていると思われて、結局思うような話を聞いてもらえなかったとなりかねません。

どうしても一人で行きにくい時はせいぜい一人についてきてもらうくらいにします。それであれば担当者の方もある程度真剣に対応してくれるでしょう。また、不動産会社の利用経験がある人についてきてもらうのが良いでしょう。