賃貸においてバスも組み合わせて考える

賃貸住宅に必要な敷金は返ってくる可能性もある

不動産屋で賃貸住宅を契約する際には、いろいろな費用が必要になってきます。これらの諸費用の中には一般人では使いみちの分からないものもあると思いますので、できれば不動産屋で契約を交わす前に一通りの内容を知っておくようにしたいところです。例えば、敷金や礼金というのは賃貸住宅契約時に必要になることが多い費用です。しかしこの二つの費用の違いをきちんと把握できている方は少ないかもしれません。

一般的に言われているのが、敷金は帰ってくるが礼金は返って来ないということでしょう。しかし敷金も必ず返ってくるというわけではありません。そもそも敷金というのは、物件退去時に部屋の修繕に使用されるお金です。契約時に敷金を支払うというのは、言い換えると不動産屋に修繕費用を預かってもらっているようなものなのです。賃貸住宅の場合は退去後に必要に応じて修繕が行われ、その費用として敷金が充てられる仕組みです。

退去後の修繕であまり費用が掛からなければ、余った敷金は返還されます。しかし使い切ってしまったり費用が足りなかった場合は、後日追加で請求される場合もあります。最近は敷金や礼金が不要の賃貸住宅も増えていますが、この場合は退去時に別途修繕費が必要になるかどうかを確認してから契約すると良いでしょう。